Vol.10面接での質問例・受け答えのコツ!!

面接での質問例

面接で聞かれる質問には、どのようなものがあるのでしょうか。例を挙げてご紹介していきたいと思います。

転職の面接で見られるポイントとしては専門知識やスキルも重視されますが、未経験での募集を考えている企業では、『コミュニケーション能力』『仕事への意欲・向上心・志望度』『適正はあるか』などを重視して見られる場合が多いと思います。

    《具体的な例》

  • ・これまでにしてきた仕事について
  • ・これからどうなりたいか(キャリアプラン)
  • ・仕事を通して得られたことや経験
  • ・これまでに苦労したこと。それをどう乗り越えたか
  • ・当社を志望した理由

受け答えのコツ

ここでは、どのように受け答えしていけばいいかを紹介していきます。

仕事に対する質問に答えるときに大切なのは、具体例を出して話すことだと思います。面接官にイメージしてもらえるように話すことがひとつのポイントです。

気をつけるポイントは、『前向き』に『自信』を持って答えることです。また、質問に対して【答え→理由】のような流れで答えるのが相手にも伝わりやすくなります。一生懸命に答えようとしてだらだらと話が長くならないように注意しましょう。

逆質問とは?

逆質問とは、面接の最後に『質問はありますか?』と聞かれることを指します。この質問では、皆さんの意欲、やる気を見ているといっていいかもしれません。

「じゃあどんな質問をすればいいの?」

疑問点(入社後のこと、会社のこと)などを2、3個ほど前もって考えておくと、いざこの質問がきたときには役立つかもしれません。

面接中に疑問に思ったことを最後にまとめて質問するのもいいと思います。

最後になりますが、面接は自身のことを面接官にアピールすることです。全ての質問に対して、明るくはっきりと答えることが内定への近道ではないでしょうか。