Vol.24面接では服装にも気を配ろう

面接はスーツじゃないとダメ?

皆さんが転職活動をしているとき、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。スーツを着ていけばいいのか?どういった服装をするべきか?など。

第一印象として服装は、皆さんの印象が決められてしまうほど大切なものです。しかも面接時の服装によって採用、不採用を左右してしまうこともあるのです。

それはとてももったいないですよね。今回はそんな面接時の服装についてご紹介していきます。

基本的なマナー

皆さんがどういった企業を志望しているかによって若干の違いはありますが、今回共通している基本マナーをお教えします。

ここでは、3つのポイントをご紹介していきます。

  1. 1.清潔感がある

    →節度と良識のある格好がいいでしょう。例えば、シワになっているシャツ、伝染したストッキングなど当たり前のことなので難しいことではないでしょう。

  2. 2.派手になりすぎないこと

    →社会人としての良識のある範囲の服装を意識しましょう。面接では、派手よりも清楚の方が印象はいいようです。

  3. 3.世代、性別を問わず好かれる

    →面接官には様々な年代の方がいます。その人たちに好印象を与える服装を心がけることが大切です。やはり、清楚でベーシックな服装が好まれる傾向にあると言えます。

この3つの項目はあくまで基本的なものであり、絶対的な正解ではありません。志望する業界や職種によっても違いはあることもあります。

それでも迷ったら・・

それでもどの服装で面接に行こうか迷うこともあるかもしれません。

例えば、正社員を募集している企業ならスーツ、アルバイト募集なら私服でも大丈夫でしょう。ただし、私服がOKと言ってもあまり派手にならないようにするのが無難でしょう。