Vol.28自分に合った仕事がきっと見つかる

自分に合った職業を知る

皆さんは、自分に合った職業について考えたことはありますか? 自分には「何が向いていて、得意なことは何か?」 一度は考えたことがあるかと思います。

とはいえ、理想と現実は厳しいと言わざるを得ません。 自分のやりたい職業と自分にあった職業とは似ているようで違っています。

では、どうやって自分に合った職業を見つけるのでしょうか? ここでは2つのポイントをご紹介します。

目標をハッキリさせる

自分の中にあるぼんやりとしたやりたい事や好きなことを再度確認することで、自分の進むべき道筋をしっかりと捉えることができるかと思います。

例えば、それらをハッキリさせるためには、自己分析や今と過去の自分を照らし合わせることで、違った点や共通点を知ることで、自分に合った職業を見つけるための手がかりとすることができるかと思います。

視野を広げて自身を成長させる

視野を広げるとは具体的に何をすれば良いのでしょうか?実は簡単な方法で視野を広げることが出来ちゃいます。

例えば、旅行に行くなどもいいかもしれません。 初めていくような場所ほど新しい発見や気付きに遭遇しやすいのではないでしょうか。 他にも普段電車などを利用している人であれば、あえて電車を使わずに歩いてみるなど 皆さんの工夫次第で視野を広げることができるのです。

転職活動に生かす

自分のやりたいことや適正が分かっていれば、それを転職活動に生かすことができるでしょう。事務に向いているということが分かっているなら事務職の求人を探し応募することもできます。

とはいえ、自分に合った職業が何かを明確に分かる人はそれほど多くはないのかも知れません。ですが、そこで諦める必要もありません。

納得のいく転職にするにはドンドンチャレンジして思考錯誤していくことも大切なんです。もし皆さんが1社でも気になった企業や、良いなと思った企業などあった際は積極的に応募してみるのもいいと思います。実際に話してみてどんな会社なのかどんな人が働いているかなどチェックできる場合は是非チェックしてみてください。

「入社してからやっぱり自分とは合わなかった」なんていうのはとても勿体無いことですよね。それを防ぐことにも役立つかもしれません。