Vol.30面接で気をつけるポイント!!

よく聞かれる質問とポイント

皆さんは、面接に臨むときどんな準備をしていきますか?

ちなみに私の場合は、履歴書の内容を丸暗記して面接に行き、あとはその場のノリで答えていた気がします。

皆さんは複数の企業の面接に臨んだときに「この質問、前にもされたな」と思ったことはありませんか?今回はそんなよくある質問と返答するときのポイントをご紹介していきます。

質問1.転職理由はなんですか?
転職をするときに必ずと言っていいほど聞かれるこの質問。そのポイントとはなんでしょうか?

ポイント

問題を解決するために頑張った結果だということを説明することがポイントです。

例えば「残業が多くて・・」や「人間関係が・・」などはあまり良い印象を与えません。大切なのは、「前向きに目標があるために転職するんだ!」とという気持ちを伝えることなんです。

質問2.あなたの良い所(長所)はなんですか?
この質問は皆さんがしっかりと自分を理解し、それをアピールできるかを見ているのではないでしょうか。

ポイント

あなたの回答を聞いて次の質問をしたくなるかどうかです。

あなたの価値観や仕事観をとりいれつつ、仕事とプライベートの両面からアピールできると良いかもしれません。そのときに過去のエピソードを交えたりと具定例を挙げて説明することがポイントとなります。普段より意識して考えてみると、いざという時も自然と話せるかもしれません。

質問3.応募しようと思ったきっかけは何ですか?
転職理由と同じくらい聞かれると言ってもいいくらいの質問ではないでしょうか。

ポイント

面接を受ける企業に惹かれたところ(理念・事業内容など)を自分の経験や入社後のビジョンと併せてPRすることだと思います。

ただ単に事実を述べるだけでは面接官には響かないかと思います。最低でもその企業のことは事前に調べておくことをオススメします。もし余裕があれば、その企業の業界のことも頭に入れておくと面接で役立つかもしれません。

質問4.前職の仕事内容を教えてください。
前もって準備しておくとスムーズな受け答えができるかもしれません。

ポイント

これまでの自分のスキルや経験を具体的に話すと効果的ではないでしょうか。

この質問をされたときの注意点は、何かを成し遂げたなどの結果だけを伝えてはいけないことです。最後には、それらの経験をこれからどう活かしていきたいかを交えて話せば好印象を残せるかもしれません。

面接での不安は事前の準備で解決!?

いざ面接に臨もうとしたとき、何を話したら良いか、何を聞かれるんだろうと思ったことはありませんか?

そんなときにこんな質問がくるであろうと事前に準備をしておくと面接当日にも自信を持って受け答えすることができると思います。

そして企業が違えば聞かれる質問が違ってくるのは当たり前。とはいえ、面接の流れが大きく変わることはないのではないでしょうか。

少しでも「面接が不安だな」と思う人は是非一度、面接を頭の中でシミュレーションして見てください。しっかりと答えられそうだなと思うところとそうではない箇所があるかと思います。

そんな時に事前の準備が役立つはずです。不安なところは練習し万全の体制を整えておきましょう。

最後は逆質問で締めくくり

前述のような準備をしていて、面接が終盤まで上手くいったとします。そんなとき皆さんは、ほっと一安心するのではないでしょうか。私でもそうなるかと思います。でもそこで一安心するのは早いんです。

最後の関門として残っているのは、いわゆる「逆質問」というものです。面接官から「ほかに何か質問はありますか?」と聞かれたら逆質問です。

もちろん、特にありませんと答えても不正解ではありません。しかし、もう少しアピールできる機会があるのにそれを逃す手はないでしょう。逆質問とは自分をさらにアピールできるチャンスなのです。