Vol.36普段抱えているお悩みからアナタに合ったお仕事の見つけ方

こんな悩みありませんか?

ナイトワークを経験している方は下記のようなお悩みを考えた事があるからこそ、 アネジョブにご登録いただいているのではないでしょうか。

「いつまで今の仕事を続けていけるんだろう?」

「昼夜逆転の不規則な生活リズムから抜け出したい・・」

「今の仕事を辞めたいけど、どうしたら良いか分からない・・」

他にも悩みは様々だと思いますが、大きく分けて3つ挙げさせていただきました。 こういったお悩みを抱えている人たちのための転職サイトがアネジョブになります。

アネジョブには営業職、事務職や人気のエステ関連の職種も多数掲載しています。 その中から皆さんにあった会社、職種が見つかるかもしれません。

お悩み毎にあった職種とは?

お悩み別にお勧めする職種をご紹介していきます。 同じお悩みを持っている方はぜひお仕事選びの参考にしてみてください。

■昼職に転職してからの給料でやっていけるか不安

給料の変動に関して非常に多くの方からアネジョブにご相談をいただいております。 生活していく上でお金は必ず必要となってきます。 昼職に転職しても今の水準を下げたくないという方はにぴったりの職種が「営業職」といえるかもしれません。 求人企業の中でも花形、会社の顔といえる立ち位置だといえます。

では、なぜお勧めするかと言うと「インセンティブ」が存在しているからです。 簡単に言ってしまうと、獲得した契約数や売り上げによって給料とは別に得ることができるお金と言えます。 ナイトワークの世界では「バッグ」とも言いますね。 昼職でも、皆さんの頑張り次第でドンドン稼いでいくことができるというわけです。

インセンティブの算出方法などは会社によって異なりますが、 稼ぎたいという人は一度求人情報をチェックしてみてください。 基本的には募集要項の給与詳細部分に「+歩合」や「+インセンティブあり」などの記載がある求人企業は上記に該当いたします。

■プライベートも充実させたい!!

週休2日制は欲しい、趣味などの時間を確保したいなど仕事とプライベートの時間を両立したという人も多いです。

そこでお勧めするのは「事務職」です。 繁忙期により残業が発生する場合もありますが、比較的定時に帰りやすい職種となります。 事務職は会社の中でも縁の下の力持ちという役割かと思います。

またパソコンの操作が苦手でしっかりとやれるか心配と感じている人もいるかもしれません。 しかし、心配する必要はありません。 今では、WordやExcelといった事務職には欠かせないスキルを習得できる資格も多くあります。 取得までの時間もそれほど掛からない資格も多く、事務職を考えている人は資格の取得を考えてみるのも良いかと思います。

事務職は、アネジョブの人気職種TOP3にも入るので忘れずにチェックしてみてください。

何を目的に転職をするか?

転職を考えるときに最も大切なことは、何のために転職をするのか?です。 給料なのか、福利厚生などの待遇を重視するのか。

考え方は人それぞれですが、何を重視するかである程度の職種を絞ることができます。 とはいえ、会社によって内容は異なるので、もし気になった求人があれば思い切って質問するのも手かと思います。

募集求人も人材を求めているので、皆さんから質問に対してしっかりと回答してくれると思っています。 分からないことがあったらネットで調べるように、欲しい情報や疑問に思ったことは自分から行動して手に入れることも 転職活動には大事な要素と言えるかもしれません。