Vol.38あなたは転職に何を求めますか?

何のための転職なのか?

このメルマガを見ている皆さんは、少なくとも転職の意欲があるということだと思います。 そこで皆さんに質問です。

「皆さんは何のために転職をしようと考えていますか?」

是非、一度自分に向き合ってみてください。 1つの理由とはいわず、たくさんの理由が思い浮かぶ人もいるかと思います。

ここで大切なことは、「考える」こと。 例えば、「転職はしたいけど、やりたいことが見つからない」という人が居たとします。 このように行き詰ってしまったら少し見方を変えてみてください。

やりたいことを探すのではなく、やりたくないこと(苦手なこと)を見つけ選択肢から外していくということです。 少なくともこの方法で、悩んでいたときよりは前に進めるようになるのではないでしょうか?

転職する理由を考えることで、ゴールが明確になりそれがモチベーションにもなるかと思います。

準備はしていて損はない

一言に準備といっても多くのことが想像できるかと思います。 履歴書・職務経歴書・マナー・資格など今から準備できることもあります。

そして、準備というのは自分の生活リズムなどを変えていくことも当てはまります。 よく話を聞くのが、昼夜逆転になってしまった生活リズム、キャバ嬢時代の金銭感覚を戻すことについてです。

特に金銭感覚については、一度癖付いてしまった感覚を元に戻すことは大変だとも聞いたことがあります。 その感覚のまま昼職に転職してしまうと給料などが物足りなく感じてしまい、結局ナイトワークに戻ってしまった なんてことになる可能性もあります。

そうならないためにもキャバクラの金額は破格なんだと割り切ることも大切です。 そして少しずつでも節約して貯金することを心がけてみてください。

最初はやりくりが大変だと感じるかもしれませんが、やがて昼職に転職しても 貯金があるから何かあっても大丈夫だと安心できるようになると思います。

ANEJOBを有効活用

キャバ嬢をやめて昼職への転職をしようと思ったとき、 夜の仕事をしていたことがばれないか不安と思った人もいるかもしれません。

私からすれば、キャバ嬢としての経験はコミュニケーションや接客や営業といった面で 有利になるのではと個人的には思います。 実際に営業として活躍している元キャバ嬢の方も知っています。

しかし、世間ではナイトワークをしていたということだけで色眼鏡で見る人もいるのも事実です。

では、ANEJOBではどうか? ANEJOBに掲載している企業はANEJOBがナイトワークから昼職するための転職サイトである というコンセプトを理解した上で、掲載しています。

そのため、夜の仕事をしていたことがバレるという不安もありません。 既にそのことを知っているんですから。

とはいえ、必要最低限のマナーや服装には気をつけておきましょう。 もし不安なことがあるならメルマガのバックナンバーを読んでみてみてください。 マナーや面接での服装などについて書かれているメルマガを読んでおいて損はありません。

そして、ここ数年の間で女性の雇用に対しても積極的な企業が増えてきています。 女性が活躍できる環境が整ってきている今が、まさに転職するチャンスといえるかもしれません。