Vol.39転職活動がうまくいっていないと感じたら

転職活動にちょっと疲れたなと感じたら

いざ、ナイトワークから昼職への転職を決心して転職活動に臨んでみてたら、 履歴書(職務経歴書)の作成、面接、マナー、資格などやることも多く、「思ったようにできていないな・・」 「疲れたな」と感じている人もいるかもしれません。

ですが、そう感じることはいたって普通のこと。大切なことは、どうやってそれを切り替えていけるかだと考えています。

転職に疲れてしまい、ネガティブな考えにハマってしまったら・・ 転職活動を始めてから、まだ1社の内定ももらえていないという状況だとしたら・・ 皆さんはどうでしょうか? どのくらいの期間かにもよるかと思いますが、ネガティブな考えになってしまったとしても それは自然なことともいえるのではないでしょうか。

先が見えないゴールに向かって進み続けるのは肉体的にも精神的にも辛いものといえるでしょう。

そんなときは、明日面接が控えているという状況ではない限り、休息をとってみても良いかと思います。まずは、気持ちの切り替えが必要であるということです。 ここで焦ってしまっても上手くいくことも上手くいかなくなってしまいます。 時には思い切りも必要になるでしょう。

そして、転職活動に悩んでいるのはあなただけではありません。 疑問点や気になったことはぜひ、質問してきてください。 少しでもお役に立てるようにサポートさせていただきます。

最終的には1社が決まればいい

転職活動では、数社から多ければ、何十社と書類選考や面接を受けることになるかもしれません。 その全部に受かろうともその中から決めるのはたった1社なんです。

視点を変えて考えてみれば、希望している企業の中から1社から内定をもらえれば 最終的な目標はクリアということになるのではないでしょうか? もちろん1社とは言わず複数の内定をもらうことができれば、 選択肢も増えて気持ちも楽になるでしょう。

しかし、何社に受かろうとも入社できるのは1社ということ。 そして、最終的にその1社に受かれば良いということ。 これらのことを常に考えなければならないという訳ではないかと思います。 もし転職活動に「疲れてしまった」「これからどうしよう」と思ったときは、このことを思い出してみてください。

機会があれば、ぜひ試してみてください。

一人よがりになり過ぎない

転職活動に疲れてしまったと感じたら、休息をとることも大切なことですが、 気を付けたいのは自分一人で考え込んでしまうことです。 特にネガティブな感情を抱えたまま、一人で考えこんでしまうのは負のループになりかねません。 こうなってしまうのを事前に防ぐ方法とは・・

やることは非常に簡単で、皆さんの周りの人に話を聞くことです。 自分がどんな仕事に向いているのか悩んでいる方は、思い切って他人に聞いてみるのもいいと思います。 自分自身のことを客観的に判断するのは案外難しいものです。 自分は大丈夫だと思っていてもそれが正しいとは限りません。

そんなときに他の人の意見を聞いてみてください。 皆さんのことを客観的に見てくれるはずです。 そして自分では気が付かないことを見ていることが多かったりします。 ぜひ、参考の一つにしてみてはいかがでしょうか。

そして、他人に意見を求めること以外にも「話す」ということでストレスを解消してスッキリできる 効果もあるようなので、ある意味で一石二鳥といえるかも知れません。

友人や家族など皆さんのことをある程度知っている人に聞いてみると効果的だと思います。