面接で好印象を与えるコツ

2015年7月12日

ごきげんよう。
良縁カウンセラー桜井です。

面接というのは、いかに意欲的でそこで自分が
どれくらい貢献できる人材であるかを
アピールする場になります。

ナイトワークをしていた方は
コミュニケーション能力が抜群に高いです
ですが、面接というのは慣れていない方が
多いかと思います。

よく就活では面接はデートだとか、
履歴書は恋文だとか、
極端に面白いことを
アドバイスされる方がいますよね。

面接で何を見るのかというと、
履歴書に書いてある内容について詳しく聞いたり、
きちんと人と話が出来るかどうかを確認します。

たった数回の面接で
その人の性格や能力が分かるわけはないのですが、
「わかった」気になってしまうのが
恐ろしいところで……
面接官はあなたに数回しか会わないのに
あなたのことを「こういう人だろう」と判断します。

そして会社に合うと思えば採用し、
ちょっと違うと思えば不採用になります。

面接では雇う側の求める人材と
応募する側の能力スキルがマッチング
するかどうかを決める場所です。

この人は毎日会社に来て決まった時間真面目に働いてくれる、
頑張ってくれる、と相手に信頼されれば
トントン拍子に入社へと話は進んでいきます。

ANE JOBではそんな面接に不安を感じている方のために
模擬面接や、お勉強会などを開催しています。
いくらコミュニケーション能力が高いと言っても
慣れていない面接に不安を感じている方を
サポートしていきたいと思っています

カウンセラー 桜井